例えば、パートナーとか、お母さんとか、子供とか、上司だったり、
人が、

「分かってくれない」(認めてくれない)(理解してくれない)

「思うように動いてくれない」

 

と感じて、
ストレスを溜めることって、ありますよね。

 

この感覚を割と多く持っている人は、
孤独を感じやすいし、
イライラしやすくなります。

人といるのに、
一緒にいないような
ひとりぽっちな感覚も感じるかもしれません。

あるいは、
「私、平気!だって・・・・」と平気な理由を頭の中で並べて、
傷つかないように
しているかもしれません。

でも、なんだか「満たされない」んですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、
してほしい行動をしてもらえないし、

じゃ、言うことを聞いてくれるのかというかというと、
周りが自分の思うとおりに動いてくれないので、
ますます不満がたまっていきます。

「くれない」病は、
けっこうつらいです。

人に不満が溜まるし、
人に不満を溜めている自分が嫌です。

でも、何かをしてもらうにしても

本当は、
何をしてもらいたいのか?ということを具体的に

自分がどうしてもらいたいのか具体的に
分かっていないことが殆どです。

例えば、

「今、とても疲れて落ち込んでいるので、優しくして欲しい」
と思っていて、

パートナーが、外食に誘ったとして、
「君がラーメンが好きだから、ラーメン食べに行こう!」

と誘われて、
なぜか非常にムカついたり、

「外食する気分じゃないし、
なんか、そういうことじゃないんだけどなあ~」

と、もどかしくて、イライラしてみたり、、、

「じゃ、どうしたいの?」って、聞かれると、

疲れてるから考えられないから、
そんな質問しないで!(怒)

って、思って、

さらに、

私のこと大事なら、
「私の気持ちを察して、なんとかしてよ!
という気分になったりします。

そもそも、、、

自分が今、どのように優しくされたいのかが、
自分で分かっていないんですね~

・自分の話を黙って聞いてほしいのか?
・自分の好きな飲み物を持ってきてほしいのか?
・「お前もよくがんばてるよな~」とねぎらいの言葉が欲しいのか?
・疲れてるから、家の片づけをやってほしいのか?
・どこか気分転換できる場所連れて行ってほしいのか?

など、
具体的に自分が望んでいることを、

自分が知ってないと、

お願いすることもできないんですね~。

そして、
「察してよ!」と、
自分のわからない自分を分かってくれ!と思ってしまうし、

「察することができないあなたが優しくない!」
と、自分が分からない答えを要求して、
応えられない相手を優しくない!と解釈してしまったりするのですね~

そもそも、

「くれない」病にかかってしまうのは、

自分が、自分の考えや気持ちを、
本当の意味で分かってあげてないときに
起こるんです。

人にわかってもらうためには、

自分が自分を知って、
その自分を、
相手にわかるカタチ(言語等)で、
伝える必要があるのですね~

だから、、、

Know me !なんですね~

Know me !自分を知りましょう!

自分が自分のしてほしいことを理解したら、
それをわかってほしい人にわかるように伝えましょう。

Know me club 詳細は、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です